HISTORY 歴史・沿革

歴史

自然と人との融合

涼仙ゴルフ倶楽部は今、自然と人とが融合する「やすらぎの郷」となりました。
しかし、この地はかつて人と人が争い、
人や生き物に危険が及ぶ土地。そんな過去がありました。

沿革

沿革

1989年

1月
創業者 水谷紀夫が土地の利権問題の
仲裁へと働きかける。
沿革

5月
土地の利権問題を和解させる。
8月
防災工事を開始。
沿革

1990年

12月
開発認可を受け、ゴルフ場建設工事開始。
沿革

1992年

1月
特別縁故会員募集。
7月
涼仙ゴルフ倶楽部開場。正式開場式典を開催。
初代理事長に松永亀三郎様就任。
8月
各委員会を設置。
沿革

1994年

1月
中部ゴルフ連盟に加盟。
倶楽部選手権杯、理事長杯、月例杯等倶楽部競技会の開催開始。
6月
日本女子プロゴルフ協会公認競技
第25回雪印レディース東海クラシックの会場となる。
以後、1999年まで連続6回開催。
沿革

1995年

7月
開場3周年記念縁故会員募集。
10月
1番に松風庵建設・10番に冬青庵建設。

1996年

9月
2代目理事長に岡田一様就任。

1999年

11月
ゴールドティマーカーの設置開始。
沿革

2000年

1月
倶楽部競技会にシニア選手権、
スクラッチ競技を追加。
10月
日本女子プロゴルフ協会公認競技
第30回マンシングウェアレディース
東海クラシックの会場となる。
以後、2006年まで連続7回開催。

2003年

4月
会員権の株式化のお願い開始。

2007年

5月
開場15周年記念株主会員募集。

2009年

12月
練習場改修工事完成。

2012年

9月
日本ゴルフツアー機構公認競技
トーシントーナメントの会場となる。
10月
3代目理事長に加藤倫朗様就任。
沿革

2013年

6月
日本プロゴルフ協会公認競技
~シニアを元気に~
KYORAKU MORE SURPRISE CUP2013の開催会場となる。
以後、2017年まで連続5回開催。

2015年

8月
開場25周年記念株主会員募集。

2019年

6月
日本プロゴルフ協会後援競技
涼仙モアサプライズカップ2019を主催。
8月
会員権の株式化完了。

2020年

7月
4代目理事長に尾堂真一様就任。